蔵王寺:霊場 賽の磧  金峰山蔵王寺

ホーム > 閻魔堂 > 十王(じゅうおう)・十三仏(じゅうさんぶつ)

十王(じゅうおう)・十三仏(じゅうさんぶつ)

十王(じゅうおう) 冥界で亡者の罪を審判する十人の王

十三仏(じゅうさんぶつ) 中陰・年忌法要の本尊とされる仏・菩薩。十三仏はいずれも抜苦(ばっく)や福徳に利益のある諸尊である。

初七日 不動明王   秦広王(しんこう)

ニ七日 釈迦如来   初江王(しょこう)

三七日 文殊菩薩   宋帝王(そうてい)

四七日 普賢菩薩   五官王(ごかん)

五七日 地蔵菩薩   閻魔王(えんま)

六七日 弥勒菩薩   変成王(へんじょう)

七七日 薬師如来   泰山王(たいざん)

百ヶ日 観音菩薩   平等王(びょうどう)

1週年 勢至菩薩   都市王(とし)

  3年 阿弥陀如来  五道転輪王(ごどうてんりん)

  7年 阿閦如来   蓮上王(れんじょう)

 13年 大日如来   抜苦王(ばっく)

 33年 虚空蔵菩薩  慈恩王(じおん)


冥土に行った亡者は、まず守護仏である不動明王が亡者に付き、生前の罪を守護仏によって浄化される。初七日に泰広王の裁きを受ける。ここで罪と行く先が決まらなければ、次の守護仏である釈迦如来が付き、仏の説法を亡者に説かれる。ニ七日に初江王の審判を受け、そこでも決まらなければさらに次へ、というように順次、十王の裁判を受ける。ここでは、現世で遺族たちが行う追善供養の内容も、審判の資料とされる。
今で言う裁判を受ける被告が亡者・十三仏が弁護士・十王が検察官と裁判官いう例えが分かり易いでしょう。

2007年08月24日